ニュース

News

2017年 都市型アートイベント・seboneの写真

第14回とよはし都市型アートイベント【sebone】

テーマ:「タイムトリップ ぶらり水上のすすめ」
会期:2017年9月2日(土)、3日(日) 
会場:水上ビル(豊橋ビル・大豊ビル)・狭間児童広場・穂の国とよはし芸術劇場PLAT・開発ビル
主催:sebone実行委員会(ジープレス内)


2017年は総勢38組のアーティストが出展。つくって遊べる体験型ワークショップが11種類、特別企画が6種類も登場しました。名豊ビルが2017年4月末で閉店したため、今回から開発ビルでの展示が登場しました。
2日間の会場の様子をご覧下さい!

開催告知

トークイベントなど開催レポート

駅南エリアを地理学する

駅南エリアを“地理学”する
「名豊ビル」「開発ビル」「狭間児童公園」一帯の今までとこれから

再開発エリア一帯についての歴史を踏まえた【まちづくり】の調査結果が、愛知大学地域政策学部・駒木ゼミのメンバーから報告されました。

今回は「名豊ビル」が4月末に約50年の歴史を閉じた事に着目し、まちの人へのヒアリング調査を敢行。定期的に行っている「seboneまちあるき」活動の成果と合わせ図表などで調査結果が発表されました。足を使った地道で意欲的なレポートとなりました。 [レポートは愛知大学地域制作部webから]

<写真をクリックすると全て拡大表示できます>




あいちトリエンナーレ2016


PageTop