ニュース

News

sebone 2017・駅南エリアを“地理学”する「名豊ビル」「開発ビル」「狭間児童公園」一帯の今までとこれから

愛知大学地域政策学部まちづくりコースの駒木ゼミ(地理学ゼミ)による研究発表など

9/2-3に豊橋市まちなか(水上ビル,PLATなど)で開催される「第14回都市型アートイベントsebone」にて、「駅南エリアを“地理学”する―「名豊ビル:「開発ビル」「狭間児童公園」一帯の今までとこれから」として、展示や発表が行われます。

【まちあるき企画】

水上ビルに沿ってあるく ーー学生の視点から

まちなかを楽しく歩いてもらい、まちをよく知ってもらいたいと「とよはし都市型アートイベントsebone」実行委員会が行っているまちあるきです。

9月2日(土)・3日(日)

時間:10:30 〜 11:30
集合:seboneイベント本部(狭間児童公園)
解散:穂の国とよはし芸術劇場PLAT

当日、集合場所にお集まりください。
事前申し込みは不要です。気軽に参加してみてください。

【研究プレゼンテーション】

「名豊ビル」「開発ビル」「狭間児童公園」一帯の今までとこれから

2017年4月末に約50年の歴史を終えた名豊ビルについて、当時のテナント構成などの調査を敢行。かつての「名豊ビル」に思いを馳せつつ、今後の取り組みなどについてご紹介します。

9月3日(日)

時間:13:00 〜 14:00
会場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT 2階 研究室(小)

事前申し込みは不要です。気軽に参加してみてください。

名豊ビルファイナル感謝祭

【常設展示】

■1961年(昭和36年)におけるまちなかの建物状況
■名豊ビル・テナントの移り変わり

9月2日(土)・3日(日)

時間:2日(土)10:00 〜 18:00 / 3日(日)10:00 〜 17:00
会場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT 2階 研究室(小)

主催:sebone実行委員会




あいちトリエンナーレ2016


PageTop