ニュース

News

アート本棚プロジェクト・本棚制作に込めた想いを語る

まちじゅう図書館
穂の国とよはし芸術劇場PLAT

11月24日「まちじゅう図書館」スタート記念イベントが穂の国とよはし芸術劇場PLATにて開催されました。本屋B&B代表でありブックディレクターの内沼晋太郎さんトークイベントに続き、アート本棚プロジェクトの成果が発表されました。

1年目の今年は本棚制作です。本棚自体をフューチャーしてアート作品として個性をもった本棚がまちじゅうに出て行くというコンセプトに基づき、インディペンデント・キュレーター服部浩之さんにより選出されたアーティストに制作を依頼。4組のアーティストにふたつづつの本棚を作成していただきました。この日、その本棚が一同にお目見えしました。アーティストの皆さんに制作に込めたそれぞれの想いを語っていただきました。

まちじゅう図書館
制作アーティストの皆さん

「まちじゅう図書館」というお題から想定される使い勝手を盛り込んだ可動式の本棚あり、資源のリサイクルを考えたもの有り、水上ビルという形状に触発されたもの有り。また、2種類という事にフォーカスし、それぞれの対比を考えたもの有り。すべてがユニーク、すべてがオリジナルの本棚です。この本棚が豊橋のまちなかの店舗に置かれる姿を想像するだけでもワクワクする光景となりました。どんな本が置かれるのでしょうか!

この時点ではどの本棚がどの店舗に置かれるのかは決定していません。11月26日から参加店に設置されますのでお楽しみに!

また、豊橋技術科学大学建築サークル有志による可動式の本棚が穂の国とよはし芸術劇場PLATに、sebone実行委員会の有志による本棚が大豊商店街みずのうえビジターセンターに設置されます。

まちじゅう図書館とは・・・

まちなかのお店や施設に特別な本棚を置き、そこに置かれた本を通して市民とお店の人たち、市民同士やまちとの交流を目指すものです。本棚にはお店等にちなんだ本や店主たちオススメの本、スタッフの趣味の本などが並び、読むことや借りることができます。
2018年11月26日(月)にスタート。詳細は参加の各店舗にてお尋ねください。

参加店
【1】ベジモやさい食堂 【2】ココラスタジオ 【3】江戸っ子 【4】knohd ノード 【5】穂の国とよはし芸術劇場プラット 【6】Pianissimo ヒグラシ珈琲 【7】シンノスケ・オー 【8】みずのうえ 【9】pokkecise ポッケチセ 【10】Aukai general store アウカイジェネラルストア

問い合わせ先:豊橋市役所 都市計画部 まちなか図書館整備推進室






PageTop