ニュース

News

7/8 小林耕平さん in 豊橋向山緑地

あいちトリエンナーレ2016豊橋会場小林耕平さん

開催までのカウントダウンが始まった感の、あいちトリエンナーレ2016豊橋会場。初体験である豊橋会場の周辺では、あれもこれも珍しくて、刺激いっぱい、やることもいっぱい、めくるめく光景が展開されています。そうです、暑くて熱いとよはしの夏!!秋までやってるケド(字余り・・・)。

当事者にとっては、それどころじゃないでしょうが、イベントはそんなこんなを乗り越えたり、コマしたりして進軍するもんなんですよね(誰に同意を?)。深く潜行してた企画が順々に公になってきますので、お見逃し無く!!
特に地域の皆さんは、ここでしか見られない光景に出くわす確率高しです。アンテナに磨きをかけるべし!

7月8日、豊橋会場参加アーティストである小林耕平さん(埼玉県拠点)が来豊され、向山緑地にて作品制作の為の撮影が行われました。そうです市内中心部に近い向山大池にあってモアイ像やピラミッド、万里の長城、凱旋門などが唐突に、そして節操なく植わっているシュールな一帯。県外にも名を馳せてるんでしょうか、侮れませんね。

ウィークデーの日中、人影もなく絶好のコンディション。淡々とした撮影が黙々と続けられていました・・・のように見えました。お邪魔にならないよう遠巻き状態だから、実際は切磋琢磨してたとしても目視は無理なのだった。

あいちトリエンナーレ2016のテーマは「虹のキャラヴァンサライ」という事で小林さんの作品も「旅」にちなんだもの。東海道を旅する弥次さん喜多さんに見立てる作品のようです。して、何故にモアイ像が?浮き輪が?ってな所は、作品の完成を待ちましょう。

小林さんは、何でもさくっとオープンにお話いただき、気持ちの良い現場でした。ご協力有難うございました。作品への興味というより、妄想がぐぐっと膨らんでしまいました。

※作品の展示会場などのスケジュールは7月中旬ごろに公開となります。



あいちトリエンナーレ2016
あいちトリエンナーレ2016あいトリNAVI
PageTop